« ついに電子申告控除(5,000円、1回限り)が創設。 | トップページ | 平成19年1月から「源泉徴収税額表」が変わります。 »

2006年12月23日 (土)

103万円の壁。

年末になりますと、パートさんからよく聞かれるのが税金上の扶養の範囲。

パート収入だけの場合、給与所得控除の最低額65万円に基礎控除38万円を足した金額、つまり、収入で103万円以下であれば扶養になり、配偶者が配偶者控除を受けられます。

また、103万円超であっても141万円未満でしたら、配偶者(但し、所得が1,000万円以下)が段階的に配偶者特別控除を受けられますが、配偶者のお勤め先によっては扶養手当がカットされることも。

会社さんにとっても年末バタバタとお休みされるのも痛手ですので、お休みはお早めに。

小江戸川越発:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

|

« ついに電子申告控除(5,000円、1回限り)が創設。 | トップページ | 平成19年1月から「源泉徴収税額表」が変わります。 »

所得税」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199235/13315970

この記事へのトラックバック一覧です: 103万円の壁。:

« ついに電子申告控除(5,000円、1回限り)が創設。 | トップページ | 平成19年1月から「源泉徴収税額表」が変わります。 »