« 鎌倉へ。 | トップページ | 梅が咲きました。 »

2007年2月 8日 (木)

控除証明書、1年後の提出。

暮れのこと、年末調整で関与先の従業員さんから出された書類に、平成17年分の社会保険料控除証明書が添付されていました。一瞬見間違えかと思いましたが、やはり平成17年分。当時の書類を調べても基礎控除しか受けてませんでした。関与先さんには、「平成17年分の申告書を出すから、それで従業員さんは還付を受けらますよ」と説明し、その場は終了しました。

 【確定申告をする必要のないサラリーマンの方などでも、もし源泉徴収された税金が年間の所得について計算した金額より多いときには、確定申告をすることによって納めすぎの分が還付されます(還付申告)。その年の翌年の1月1日から5年間が、還付申告できる期間となっています。】

後日、「1年前に出して頂戴~!」と思いながら平成17年分の確定申告データをパソコンに入力して打ち出そうとしたのですが、そういえば税務署配布の去年の専用紙がない。

外出したついでに税務署へ専用紙をもらいに行ったものの、結局入手できず今年配布の用紙で年分を「17」にして対応してとの説明でした。18年分は項目が若干変わっておりそのまま打ち出すことができず、手書きで書き直さなければならなくなり、とても手間なことになりました。

そういえば平成18年分の控除証明書は・・・! また1年後?

小江戸川越発:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

|

« 鎌倉へ。 | トップページ | 梅が咲きました。 »

所得税」カテゴリの記事

源泉所得税」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199235/13834736

この記事へのトラックバック一覧です: 控除証明書、1年後の提出。:

« 鎌倉へ。 | トップページ | 梅が咲きました。 »