« 吉祥寺といえば・・・。 | トップページ | 平成17年分の申告は還付まで3ヶ月。 »

2007年2月27日 (火)

個人事業を廃業したあとの青色申告の効力。

060910001  個人の方で青色申告の承認を受けていた事業を廃止したときに、その後において、別の青色申告できる事業を開始したとき、前の青色申告の効力がどうなるのか?という疑問が生じます。

結論から言うと、青色申告にかかる事業を廃業したときの”青色”の効力は、その年限りで失われることになります。ただし、廃業と同年中に別の事業を開始したときは、その別の事業については”青色”が適用されますので、再度承認申請書を提出する必要はありません。

廃止等があった年の翌年に別の事業を開始したときは、その分について、原則開始した日から2ヶ月以内に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

廃業や、廃業後の再開などには、税務上留意すべき点が多々ありますので、注意が必要です。

小江戸川越発:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

|

« 吉祥寺といえば・・・。 | トップページ | 平成17年分の申告は還付まで3ヶ月。 »

所得税」カテゴリの記事

確定申告」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199235/14070220

この記事へのトラックバック一覧です: 個人事業を廃業したあとの青色申告の効力。:

« 吉祥寺といえば・・・。 | トップページ | 平成17年分の申告は還付まで3ヶ月。 »