« 霧隠城。 | トップページ | 川越祭。 »

2008年10月15日 (水)

宮沢賢治と税務署長。

Img_2559

川越市立美術館では、現在、

「絵で読む 宮沢賢治展 ・ 賢治と絵本原画の世界」として、宮沢賢治の直筆原稿、水彩画など、そして、45人のアーティストによる宮沢賢治の童話に添えられた絵本の挿絵が、作品別に飾られています。(11/24まで)

銀河鉄道の夜

風の又三郎

セロ弾きのゴーシュ

注文の多い料理店

雪渡り

よだかの星

やまなし

等々、複数のアーティストが書いた挿絵が作品のイメージをより膨らませます。

ところで、タイトルの「宮沢賢治と税務署長」がどう結びつくのかというと、実は、作品の中に『税務署長の冒険』というものがあるんですね。

内容は、村長を含めた村ぐるみで行われていた酒の密造(による脱税事件)を、主人公である税務署長が自ら暴いていくという、どちらかといえば冒険活劇。

マイナーな作品のため、さすがに絵本にはなっていないので、挿絵もありませんが、税務署長にそんなに冒険されちゃってもsweat02・・・という感じでしょうかね。

小江戸川越・蔵のまち:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

|

« 霧隠城。 | トップページ | 川越祭。 »

川越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199235/42791340

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治と税務署長。:

« 霧隠城。 | トップページ | 川越祭。 »