« 税は後から効いてくる。 | トップページ | 川越産の百花蜂蜜を食す。 »

2011年7月 7日 (木)

川越の養蜂家。

Img_2374

川越の20代の養蜂家に出会いました。

近県で修行を積んで、今年、開業したばかりの方です。

養蜂家という職業は珍しいと思いますが、埼玉県では、兼業を含め150人くらいはいるそうです。

実際に、蜂箱の一つ(一郡というらしい)をふたを開けて見せていただきました。

わんさかと群れている働き蜂。

その中でも一匹、働き蜂よりも、二周りも大きい女王蜂が忙しそうに動き回っております。

一群には、女王蜂は一匹しかいないそうです。

そして、六角形の蜂巣、輝かしいばかりの色をした蜂蜜・・・。

聞けば、今年収穫できた蜂蜜をJAいるま野がひらいている「農産物直売所・あぐれっしゅ川越」に出荷したそうです。

早速、近日中に食してみましょう!

蜂のお世話の仕事は大変なようですが、若い力を応援したいと思います。

小江戸川越・蔵造りの町並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

|

« 税は後から効いてくる。 | トップページ | 川越産の百花蜂蜜を食す。 »

川越」カテゴリの記事

川越の蜂蜜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199235/52146137

この記事へのトラックバック一覧です: 川越の養蜂家。:

« 税は後から効いてくる。 | トップページ | 川越産の百花蜂蜜を食す。 »