« 川越の還付申告相談。 | トップページ | 扶養親族の判定時期。 »

2013年2月14日 (木)

東上パールビルに行きました。

20120108_005

東上パールビルの地階で開催されている還付申告会場に行きました。

当会場での開催は、3日目。

私は、十数件の還付申告を担当しました。

受付は朝9時から、開始は9時半からの会場なのですが、一番最初に私が担当した通し番号3番の方は、朝8時前から並んでいたとか・・・。

すごいですね。

川越駅から至便な場所にありますので、午前中の混雑はかなりのものがありますが、午後になると割と空いたかな、という印象です。

午前中に済ませたいという心理もわかりますが、混まずに済ませたいという方は午後のほうがおすすめですね。

印象的だったのは、準確定申告があったこと。

昨年暮れにご主人がご逝去されて、奥様がご主人の生前の所得税の申告のために見えられたのですが、奥様自身のご申告もありました。

ご主人の配偶者特別控除、奥様の寡婦控除など、特殊な事例でしたが、ご申告のお手伝いができたかな(最終的には受理することはできませんでしたが)と思っています。

あとは、生命保険料控除の改正があったためか、控除証明書の資料の読み違い、計算間違いが結構ありました。複数パターンの控除がある場合、本当に計算も複雑になったなという印象でしたね。

いきなり計算に入らず、ちゃっちゃっと表を書いて、数字を埋めていくと割と考えやすいです。

小江戸川越・蔵造の街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

|

« 川越の還付申告相談。 | トップページ | 扶養親族の判定時期。 »

川越」カテゴリの記事

所得税」カテゴリの記事

確定申告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199235/56767979

この記事へのトラックバック一覧です: 東上パールビルに行きました。:

« 川越の還付申告相談。 | トップページ | 扶養親族の判定時期。 »