« 雪の還付申告会場へ。 | トップページ | 払戻しを受けた高額介護サービス費(医療費控除)。 »

2014年2月16日 (日)

上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除は、連年申告を忘れずに!

Img_6991_800x600

上場株式等を金融商品取引業者等を通じて売却したことによって生じた譲渡損失は、確定申告により翌年以後3年間にわたり、繰り越すことができます。

①その手続きは、損失が生じた年分の確定申告で、譲渡損失の金額の計算に関する明細書を添付して申告すること。

②損失が生じた年分の後の年においても連続して確定申告書を提出することが必要です。

例えば、株式の譲渡等がない年であっても、付表を添付した確定申告書を作成提出し、繰り越すことをいわば宣言しなければならないのです。

先日、還付申告会場に相談に見えられた方で、

・平成22年に生じた株式の譲渡損失が百万円以上

・平成23年はしっかり損失を繰越す申告

・平成24年は、なぜか、繰越す内容の申告を怠っていた

このため、「連続して確定申告書を提出」に該当しないので、平成25年に損失を繰り越すことができず、損をされた方がおりました(上場株式等の配当を分離課税に申告することで、株式の譲渡損失と損益通算できた)。

平成25年も上場株式等の譲渡損失がありましたので、来年以降のことも念を押しておきました。

小江戸川越の税理士:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

|

« 雪の還付申告会場へ。 | トップページ | 払戻しを受けた高額介護サービス費(医療費控除)。 »

川越」カテゴリの記事

所得税」カテゴリの記事

確定申告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199235/59140068

この記事へのトラックバック一覧です: 上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除は、連年申告を忘れずに!:

« 雪の還付申告会場へ。 | トップページ | 払戻しを受けた高額介護サービス費(医療費控除)。 »