カテゴリー「資産税・相続」の12件の投稿

2017年7月 1日 (土)

当事務所へのお問い合わせ。

Img_6371

当事務所への相談等の「お問い合わせ」についてです。

税金の申告のこと、お気軽にご相談ください。

なお、日中、外出等していることもあり、お電話が繋がりにくいことがあります。

そんなときには、メッセージ・ご連絡先を留守番電話に入れていただければ、幸いです。

あるいは、当事務所のホームページ内の「CONTACT」の「お問い合わせフォーム」から当方までメールを頂ければと思います。

なお、お返事にはお時間を頂くことがありますので、申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

税理士 鈴木 保

小江戸川越・蔵作りの街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

【PHOTO: 喜多院、五百羅漢】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

平成26年の延滞税の利率。

Img_7611_800x533

税金を申告期限までに納めなかった場合、延滞税がかかります。

平成26年の延滞税の利率は次のとおりとなります。

①納期限の翌日から2月を経過する日まで

  原則として年7.3%ですが、平成26年1月1日以後の期間は、年「7.3%」と「特例基準割合(※)+1%」のいずれか低い割合になっています。

※特例基準割合とは、各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合として各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1%の割合を加算した割合をいいます。

財務省の告示第396号では、 年0.9%となっていますので、

0.9% + 1% + 1% = 2.9% < 7.3% 

よって 年2.9%になります。

②納期限の翌日から2月を経過した日以後

 原則として年14.6%ですが、上記と同様に、平成26年1月1日以後の期間は、年「14.6%」と「特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合になっています。

つまり、

0.9% + 1% + 7.3% = 9.2% < 14.6%

ですので、 年9.2%になります。

14.6%から比べれば、低くはなりましたが、それでも馬鹿にならない利率ですね。

小江戸川越の税理士 :埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

確定申告モードにギアチェンジ。

Img_7636_800x533

川越税理士会主催の無料税務相談会に朝から行ってきました(市の広報に掲載されています)。

同会場では、税務全般・記帳と決算の指導・確定申告書類の作成の指導などを税理士に相談できる場です。

数名の方からの相談を担当しましたが、相続した不動産の譲渡や貸付不動産に係る相談など、不動産に関する相談が過半を占めていました。かなり難解な事案もありましたね。

●平成25年分の所得税(および復興特別所得税)・贈与税の申告期限は、平成26年3月17日(月)まで。

●同、消費税及び地方消費税(個人事業者)の申告期限は、平成26年3月31日(月)まで。

いよいよ、私も確定申告モードになりました。

前半の日程がタイトになりそうですが、しっかり、ギアを入れて行こうと思います。

小江戸川越・蔵造の街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

直系尊属からの教育資金一括贈与

Img_7652_800x533

平成25年度税制改正で、平成25年4月から、直系尊属(曾祖父母、祖父母、父母など)から、30歳未満の曾孫、孫、子への教育費を贈与した場合、受贈者1名につき、1,500万円まで(学校等以外【塾・予備校など】への支払いは500万円まで)贈与税が非課税となる「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」が行われています。

巷は、受験シーズンですね。当方の関与先様で学習塾がありますが、今月お打合せにお邪魔した際、この制度を利用した書類を求められ、領収書を発行したとのお話でした。

制度の発足当初から当方より塾長へは、すでにご案内済みでしたので、速やかに処理できたと感謝されました。

当制度の管轄の文部科学省のホームページでは、

領収書等に関するチェックツール

を公表しています。

現金払いだけでなく、ネット振込やクレジット払いの際の資金の預かり先である金融機関への呈示資料が細かく掲載されています。

実務家からのアドバイスとしては、教育費が必要な都度の贈与は、もともと贈与税が非課税であること、一括にあげてしまった部分は、仮に相続が発生した場合に、相続開始日前3年以内の贈与であっても生前贈与財産として相続財産に加算されないことでしょう。

受贈者が30歳までに使い切らずに、余ってしまった資金は、受贈者が贈与税の申告が必要になりますので、これも注意事項です。

小江戸川越・蔵造りの街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

税理士試験 平成25年度(第63回) 合格者官報発表!

Img_6960

平成26年度(第64回)官報公告

 ↓

http://kanpou.npb.go.jp/20141212/20141212g00278/20141212g002780000f.html

○平成25年度(第63回)の税理士試験の合格者が官報(号外 第273号)発表されました。

http://kanpou.npb.go.jp/20131213/20131213g00273/20131213g002730000f.html

【官庁報告 国家試験 税理士試験(国税審議会)  22 】

○ 国税庁のHPに平成25年度(第63回)税理士試験結果が公表されました。

http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/zeirishi.htm

  合格者数 905名 (例年と比べ、少なめ?)

    消費税の総受験者数は、簿記論、財務諸表論に次いで三番目の10,912名です。消費増税もあり、実務での必要性が高まっているからでしょう。。。

小江戸川越蔵造りの町並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

広大な土地の評価。

Img_6684

秋は、税理士にとって研修シーズンです。

先日は、県連(税理士会 埼玉県支部連合会)の研修会に参加しました。

毎年、秋の2日間をかけて法人税、消費税、所得税、資産税(譲渡所得税、相続税、贈与税の通称)などの研修を行います。 講師となるのは局(関東信越国税局)の審議官などが担当されます。

内容は、改正項目、税理士会が要望した内容、誤りやすい事例などなど・・・。

研修参加者は行ってみて、もらったテキストを開いてみないとその年の研修内容はわかりません。

資産税の研修で、例年なら制度的な説明が多いのですが、今年の内容では、「広大地の評価」が国税庁の質疑応答事例を混ぜる形で、そのまま資料になっていました。

いままで、相続や贈与をしたときの財産を評価する方法(財産評価)について研修項目に挙がっていたことはあまり記憶になかったので、ちょっと驚きました。

広大地とは、「その地域における標準的な宅地の地積に比して、著しく地積が広大な宅地で、都市計画法に規定する開発行為を行うとした場合に、公共公益的施設用地の負担が必要と認められるもの」であって、その評価は路線価に「広大地補正率」を乗じて計算した価額に、地積を乗じて計算することになります。

※広大地補正率 = 0.6 - 0.05 × 広大地の地積(㎡)/1,000㎡

   (注)地積が5,000㎡を超える場合は、補正率は0.35

計算式に具体的な地積を入れて計算してみるとわかりように、評価額が大きく下がります。 これは、広大な土地をいざ開発するときには、道路等のつぶれ地が生じるため、この分を考慮しているとされています。

国税庁HPの広大地に関する部分

ただ、評価しようとする土地が、広大地に該当するのか、しないのかについては、納税者側と税務当局側で争いが生じるケースもあります。

最近では、旗竿地をつくって路地状開発を行うことが経済的合理性があるとされ、その場合には、つぶれ地が生じず広大地補正率による評価が認められない場合もあります。

● 広大地の評価における公共公益的施設用地の負担の要否(国税庁、質疑応答事例)の(6)

現に、広大地だけを専門的に評価する税理士さん、業者も存在する時代になっています。

財産の評価は、不動産関係の知識も含め、本当に奥深いなと痛感させられます。

小江戸川越・蔵造の街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

市民相談。

Img_5347

もう少し暑くなったころに、市役所での市民相談会を一日担当することが決まっています。

市の広報にて、時々「税務相談」というのを目にするかと思いますが、それです。

どんな質問や相談がくるのか、日頃、税務のどんなことに疑問を持たれているのか、と思うと、今から楽しみですね。

士業という職業は、敷居が高いように思われがちですが、申告時期の会場以外で一般の方が接することができるいい機会だと感じます。

懇切丁寧にお話しできるよう心がけたいと思います。

相談内容は、守秘義務がありますので、もちろん書きません(書けません)。

ご安心を!

小江戸川越・蔵造の街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

横須賀出張。

2011112513460000

資産税の案件で、横須賀へ出張しました。

川越から電車を乗り継ぎ、片道約3時間です。

かつて数回した乗った経験しかない京浜急行の快速が早くて気持ちのいいこと!

車窓から眺める風景は、傾斜面に建てられている住宅が多く、平地の川越近辺では、ほとんど見かけることはありません。

職業柄思わず、 「がけ地等を有する宅地の評価」 を思い浮かべてしましました。

仕事も無事に済み、「コーヒーを飲みに行きましょう」と誘われナゾのお店へ案内されました。

真ん中にステージがあり、その背後壁上部に巨大モニター。ステージを囲むように応接セットがある、川越近辺ではあまり味わえないような造りのお店でした。もちろん天井にはミラーボールがあります。

ベースがあるという横須賀ならでは、ですね。

小江戸川越・蔵造りの街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

税理士法第33条の2第1項の書面添付。

Img_1943

夏場から取り掛かっていた資産税の申告案件も、ようやく佳境を迎えました。

ちょっと特殊な事案でしたので、裁判例まで色々と調べることが多かったですが、依頼者の方にも丁寧に説明し、ご納得いただき、あとはご捺印をいただく状態にまで仕上げました。

今回は、申告書に、税理士法第33条の2第1項の添付書面を付けようと思っています。

同書類は、税理士が作成した申告書について、税理士が税務の専門家として、どのように計算・調製したか文章で明らかにする書類です。

私にとっても、ひとつの試みですが、私の意見がきちんと表明できるよう、粛々と作成を進めております。

小江戸川越・蔵造りの街並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

財産評価研修と税理士試験問題。

Img_0937

今月、笹岡先生の財産評価の研修に参加しました。

氏の研修は、なるべく受けるようにしています。

今回の内容は、都市計画法・建築基準法等の諸規定から確認する土地の評価についてです。

相続税法上、宅地の評価は、財産評価通達を基本としていますが、建築関係等の諸規定の理解もますます必要になっています。 

「1画地の宅地が容積率の異なる2以上の地域にわたって存する場合の評価」の説明のとき、「正面路線に接する部分の容積率が2以上で、その正面路線に接する部分の容積率と異なる容積率の部分がある場合」の事例研修(国税庁の質疑応答事例)において、平成23年の相続税法の税理士試験で出題されていると聞きました。

国税庁・質疑応答事例 「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価(2)」

このうちの2番の事例が出題されたそうです。

調べてみると、図は逆さまですが、確かに出題されていました。

試験として考えると、汗がでてきます。

また、同試験では、株式の評価において利益比準額の算出において、

「レバレッジドリース取引による分配金」を問う問題も出ているそうで、

氏いわく、これは裁決の内容ということです。

国税不服審判所 平20.6.26

もう、汗だくです。

相続税法の試験も随分、難解になったと感じます。

小江戸川越・蔵造りの町並み:埼玉県川越市の鈴木保税理士事務所

【PHOTO:巾着田、埼玉県日高市】

これだけ彼岸花が群生しているのは見たことがありません。見事です。

ただ、私は、花の色が、○に似ているためか、ちょっと気分が悪くなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧